FC2ブログ
2023-01-22

鎌倉案内版(Kamakura)

【佐助稲荷神社 2023年1月21日】
新年を祝い、佐助稲荷神社に詣でました。
 当日は好天に恵まれていつもの散歩コースから足を延ばして佐助稲荷へいきました。
 佐助稲荷は正月の初詣に行く場所ですが最近は足が遠のき八幡宮に行くようになりました。

 場所はJR鎌倉駅の西口を出て銭洗い弁天方面への道案内に沿って行きます。
周辺地図

それでは佐助稲荷神社についてホームページを参照させて頂きます。
 佐助稲荷神社について
源頼朝を歴史的快挙に導いたという伝説から、
別名「出世稲荷」と呼ばれ信仰を集めています。

Yoritomo Minamot became the first seii taishogun after he won
the Battle of Dannoura. So Sasuke Inari shrine is called “Success Inari shraine”
and Sasuke Inari shrine collecting the faith of people .

2月には1年の豊作を祈願し初午祭りが執り行われます。
豊作祈願で稲の穂が狐の尻尾に似ている所から狐を祀るようになったとも言われています。初夏には霊狐泉周辺の岩場に小さな紫色のイワタバコが咲き、秋は紅葉が赤く染まり木々の間から光を受けてとても美しく山を彩り、イチョウの葉は黄色く輝き、落ち葉は黄色い絨毯を敷き詰めた様に美しく厳かな雰囲気を明るく彩ります。【ホームページを参照させて頂きました】

画像をご覧ください
DSC_1569[1]

DSC_1559[1]

DSC_1573[1]

DSC_1574[1]

DSC_1572[1]

DSC_1568[1]

霊狐泉Reiko Sen
佐助稲荷は昔より麓の田畑を潤す水源の地で、境内の片隅には霊狐の神水と称される湧き水があり、生命の源であるこの水源を霊狐泉として讃えており今もこの霊狐泉は絶えることなく湧き出ています。ペットボトルなどに入れてお持ち帰りいただけます。
(飲むことはできません。)

Ground of Sasuke Inari fertilize the fields. There is a spring water named Reiko Sen as Sinsui (deity of water) in the corner of precincts. Reiko Sen is praised as a soul spring and Reiko Sen springs out without dying out. You can’t drink but you can take out water in a bottle if you want.
注 佐助稲荷神社のホームページを参照させて頂きました

DSC_1570[1]

DSC_1563[1]

DSC_1562[1]

【最後に】
沢山の白狐さんをご覧頂きありがとうございました。
お狐さんは不思議な霊力があります。
当日も入口からの階段歩きをYouTubeで撮影中に突然カメラの画像が黒くなったので中止しました。

後半のアフィリエイト広告も良かったらクリックしてご覧くださいね!!
(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)




専門店だから可能!フィギュア・模型・コレクターズアイテムの高額買取!



















2023-01-12

鎌倉案内版(Kamakura)

【2023年の鎌倉の正月風景】
あけましておめでとうございます。
本年も鎌倉案内版を宜しくお願いたします。
 大分ずれてしまいましたが頼朝シリーズで賑わった鎌倉も落ち着きを取り戻しつつあります。

 今年は好天に恵まれて去年より人出は多かったです。
私は八幡宮の近くですのでその周囲の三が日の鎌倉の風景を画像で報告します。
 コロナはまだ下火にはなりません。
 ウクライナへのロシアの進攻はまだまだ続いてます。
 過去に戦争で死んだ人の数よりウイルスに殺された人の数の方が多いですね!

八幡宮は戦いの神が祭られてますが早期の終了を祈念します。

それでは画像をご覧ください
【元旦】
八幡宮の太鼓橋付近の夜景
 DSC_1531[1]
屋台
DSC_1530[1]

DSC_1529[1]

DSC_1528[1]

DSC_1527[1]

DSC_1526[1]
2日(主に鎌倉宮)
DSC_1543[1]

DSC_1541[1]

DSC_1539[1]

DSC_1538[1]

DSC_1535[1]

3日(本覚寺 恵比須様)
DSC_1545[1]

DSC_1544[1]

DSC_1534[1]

今年こそ人類がウイルスに勝利しますように祈念致します。

以下はアフィリエイト広告です
良かったら本広告をご覧ください。
(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)




専門店だから可能!フィギュア・模型・コレクターズアイテムの高額買取!
























 
.

theme : 神社
genre : 学問・文化・芸術

2022-12-14

鎌倉案内版(Kamakura)

強調文【本覚寺の紅葉 2022.12.11】
初秋の鎌倉もあちこちで木の葉が色づいてきました。
 そんな中北鎌倉の紅葉を観に行くことにしました。

 境内の古い建物を見ながら紅葉を撮影することにしました。
 紅葉の画像の後松籟院の散策動画をYouTubeで御覧ください。

 本覚寺についてはホームページで御覧いただけますのでリンクを張らせて頂きます。
 ここでは概略だけを報告します。

【本覚寺の由来】
円覚寺の寺名の由来は、建立の際、大乗経典の「円覚経(えんがくきょう)」が出土したことからといわれます。また山号である「瑞鹿山(ずいろくさん)(めでたい鹿のおやま)」は、仏殿開堂落慶の折、開山・無学祖元禅師の法話を聞こうとして白鹿が集まったという逸話からつけられたといわれます。
円覚寺のホームページは下の青い文字をクリックして下さい。
円覚寺はここから


それでは円覚寺の境内の建物と紅葉をご覧ください。
DSC_1502[1]

DSC_1511[1]

DSC_1505[1]

DSC_1500[1]

DSC_1508[1]

DSC_1509[1]

DSC_1512[1]

DSC_1513[1]

DSC_1518[1]

本日は松籟院の散策を動画で御覧頂けます。
動画は私のYouTubeからとなりますので下の青い文字をクリックして下さいね。
松籟院の散策動画へ

ご視聴ありがとうございました。
良き新年をお迎えください。

以下はアフィリエイト広告です
良かったら本広告をご覧ください。
(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)




専門店だから可能!フィギュア・模型・コレクターズアイテムの高額買取!





















2022-11-05

鎌倉案内版(Kamakura)

【川喜多邸の展示会 2022年11月3日】
当日は文化の日の祭日で秋晴れの好天に恵まれました。
私の散歩コースに川喜多映画記念館があり、当日は別館を開放されて展示会が行われました。
ポスター

{1D47BE66-0000-0000-0000-000000000000}

毎年秋には邸内を開放してますが、現在は鎌倉文化の紹介の展示をおこなってます。
今年はポスターにあるように伝統工芸の展示でした。
細かい撮影は前日に事故(皿を割る)があったのでできませんでした。
見張りの方が撮影してる私の背後についてまわりましたので画像の説明はできませんでした。
【川喜多映画記念館について】
映画の発展に大きく貢献した川喜多長政・かしこ夫妻の旧宅跡に、鎌倉市における映画文化の発展を期して、2010年4月に開館しました。. 本記念館では、映画資料の展示、映画上映をはじめとし、映画関連資料の閲覧やWeb検索も行なっています。

【建物とお庭】
DSC_1452[1]
DSC_1462[1]
【展示品】
DSC_1465[1]
DSC_1464[1]
DSC_1463[1]
DSC_1461[1]
DSC_1458[1]
DSC_1454[1]

詳しい情報がお知らせできなて申し訳ございません。
これからも鎌倉案内版を宜しくお願いたします。
YouTubeでも発信してますyoutube.com@KAMAKURA_1


以下はアフィリエイト広告です
良かったら本広告をご覧ください。
(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)




専門店だから可能!フィギュア・模型・コレクターズアイテムの高額買取!























theme : 日本文化
genre : 学問・文化・芸術

2022-10-01

鎌倉案内版(Kamakura)

【英国アンティーク博物館 BAM がオープン 2022/9/23】
鎌倉の若宮通りに英国アンティーク博物館がオープンしました。
設計は隅研吾氏で、館長は土橋正臣氏です。
建物は4階建てで各フロアには目が眩むような英国のアンティークが見られます。
そしてこの博物館の特徴は撮影が許可されてることです。

今回はオープン当日の館内のアンティークをランダムに撮影しました。
詳細はBAMのホームページからご覧いただけるようにリンクをはりました。

BAMについての紹介はホームページを参照させていただきました
BAMについて
鶴岡八幡宮から徒歩1分、鎌倉のメインストリートに誕生した英国アンティーク博物館です。英国文化に強い思い入れと情熱を注ぐ館長の土橋正臣が長年に渡ってコレクションした本物のアンティークを展示しています。

建物の設計は、英国ヴィクトリア&アルバート博物館の分館 V&A ダンディを手がけた「隈研吾氏」が担当。隈氏は、古都・鎌倉の参道にふさわしい建物として、伝統工芸の鎌倉彫からインスピレーションを得たファサード(外装)をデザインしました。

入口には素敵なロンドンタクシーがあり、そこを過ぎると英国の夢のような世界に入ります。

1階のフロア   ミュージアムショップ
2階のフロア   ジョージアン時代
3階のフロア   シャーロック・ホームズの部屋
4階のフロア   ヴィクトリア時代

エレベーターは目立たない工夫がされて灯かりは極力使われてません。

それではランダムに撮影した画像をご覧ください。

【画像】
DSC_1417[1]

説明

ロンドンタクシー
ロンドンタクシーー_1
ロンドンタクシー_2

電話

人形

DSC_1437[1]

DSC_1438[1]

DSC_1435[1]

DSC_1436[2]

DSC_1433[1]

DSC_1432[1]
コナン・ドイルの初版本等
DSC_1431[1]

DSC_1429[1]

DSC_1428[1]

DSC_1427[1]

DSC_1425[1]

DSC_1422[1]

DSC_1421[1]

DSC_1420[1]

御覧頂きありがとうございました。
 撮影された宝物はほんの一部です。
下手な撮影でイライラされたことと思いお詫びしたします。
この画像をご覧頂いた方はとにかく行ってみようと思われたことでしょう。
撮影を許可される博物館は殆どありませんが、館長さんは許可されてます。

下に青い文字でリンクを張ってますのでそれをご覧いただければ詳しい情報をご覧いただけます。

BAMについて


(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)




専門店だから可能!フィギュア・模型・コレクターズアイテムの高額買取!
































tag : 博物館

プロフィール

クーちゃん

Author:クーちゃん
退職後の空き時間を利用して、鎌倉の路地を歩いて面白い情報を写真で発信しますので宜しくお願い致します。
寝てるのがクーちゃんです
となりのミルクホールから転居してきました。
別に酔っぱらってるわけではなく、お酒は飼い主(ヒロシ)
が飲んでるんですが、酒のつまみと言って尻尾であそぶのが
うざいです。
(追伸)
クーちゃんは2019年5月25日に旅立ちました(多分天国)
しかしこのプロフィールは残しますのでご容赦ください>

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR