FC2ブログ
2022-08-13

鎌倉案内版(Kamakura)

【八幡宮のぼんぼり祭り 2022年】
八幡宮のぼんぼり祭りに行きました。
 当日は快晴で酷暑の夏ですが夕涼みで八幡宮に行きました。
 コロナの影響で祭りの自粛が多い中ぼんぼり祭りは開催されました。
 昨年は雨が降ったり止んだりで巫女さん達はぼんぼりを燈すのに一苦労でした。
 人出は凄く多くて正月より多いような気がしました。
 密集といえばそうですが、皆さまはマスクをして和服でぶらぶらしてました。
 八幡宮の境内には300を超えるぼんぼりに灯が灯されて幻想的な景色が美しかったです。

 ぼんぼりは毎年8月7日から9日の間の3日間開催されます。
 今年はNHKの大河ドラマの鎌倉殿の13人の人気もあり、盛り上がってました。
 八幡宮の夏の祭りは鎌倉観光公式ガイドのHPより引用させていただきます。
【夏越祭】8月6日 15時~ (立秋の前日)
夏の邪気を祓う神事が源氏池のほとりで行われた後、参道で「茅の輪くぐり」を行い、健康を祈願します。舞殿では巫女により「夏越の舞」が奉納されます。

【立秋祭】8月7日 17時~ (立秋の日)
夏の無事を感謝し、実りの秋の訪れを奉告する昭和25年より始められたお祭りです。ご神前には神域で育まれた鈴虫が供えられます。

【実朝祭】8月9日 10時~(場所:白旗神社)
源実朝公の誕生日に執り行うお祭りで、昭和17年より始められました。実朝公の遺徳をしのぶとともに、文芸に優れた実朝公にちなみ、例年、短歌会が催されます。

 それではぼんぼりの画像をご覧下さい。
 後半は私のYouTubeで動画をご覧ください。


11.jpg

13_20220813143500d6f.jpg

DSC_0006[1]

DSC_0014[1]

ぼんぼり2

ぼんぼり9

【私のYouTubeの動画は下記の青い文字をクリックして下さい】
ぼんぼり祭りの動画はここから
ご視聴ありがとうございました。
鎌倉案内版のブログと共にYouTubeも宜しくお願いたします。
2022-06-04

鎌倉案内版(Kamakura)

【小町のnananの再開】 2022.5..28
小町の薪窯のパン屋さんが再開しました。
 酵母によるパンの膨らみが不調で1年以上休業していました。
 最初はピザ等が並べられてとても美味しいとの評判でした。
 突然の休業でどうしたのかと思ってたら散歩の途中で再開してるのを見つけてとても嬉しく思いました。

 今回は店内の商品の画像を掲載しますのでよかったらお立ち寄り下さい。
 場所はJR鎌倉駅の東口を出て小町通りの先にあります。
 小町2丁目2-3 電話は0467-60-1030 です
 ミルクホールに行く横丁の途中です。
 詳細は https://makigama-nanana.jp です。

 画像をご覧ください

 nanana の案内板

店の看板

開店のお知らせ

商品の紹介

店内

白いパン

黒いパン


(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)







2022-05-18

鎌倉案内版(Kamakura)

【鎌倉文学館の庭園散策】 2022.05.18
 当日は久しぶりの晴れ間で鎌倉文学館へ行きました。
 この時期は庭園に沢山のバラが咲いていました。
 本館は今年が最後でこれから改修に入るそうです。
 行かれる方は最後のチャンスです。
 本館を見学した後庭園を散策して沢山のバラを鑑賞しました。
 好天に恵まれて沢山のバラが語りかけてくるようでした。

 アクセスはJRの鎌倉駅の東口を出てバス停の1番から乗車します。
 文学館は海岸通りというバス停下車で10数分で到着します。

 画像をご覧下さい
特別展のご案内です
 看板

緑のトンネル
緑のトンネル
本館
本館
本館の窓
窓
庭園のバラたちです
バラ1

バラ2

バラ3

バラ7

バラ8

庭園の散策動画は下の青い文字をクリックして下さいね
庭園の散策動画ヘリンク

【追記】 毎日新聞の神奈川版より
 鎌倉文学館は旧前田侯爵邸で、1938年に鎌倉市に寄贈された。
 北欧州のハーフティンバー様式を基調とする本館は国登録有形文化財となっている。
2023年4月から改修のため休館の予定です。
 月曜日は休館
 入館料
 一般は500円
 小中学生は200円

END
(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)








2022-02-25

鎌倉案内版(Kamakura)

【鎌倉の浄智寺の散策】
2月23日は天皇誕生日です。
 好天ですが風は冷たく春はまだまだ先かなと思いました。
 そんな気持ちで小町から北鎌倉へプラプラと歩いて浄智寺に参拝しに行きました。
 北鎌倉駅からは鎌倉に向かって歩き右側にあり、東慶寺の傍です。
 その横から山伝いに歩いたら大仏様へ行くことができます。

 このお寺は鄙びたお寺で商業主義とは一線を画すお寺です。
 梅の開花はまだですが小さなつぼみが春遠からじと言ってます。
 そこで画像と動画を撮ってきましたので御覧下さい!

 浄智寺の由来や紹介はホームページを参照させて頂きました。

 浄智寺とは
浄智寺は、鎌倉幕府第5代執権北条時頼の三男である北条宗政が亡くなった折、その菩提を弔うために1281年頃に創建されました。
、最盛期には七堂伽藍を備え、塔頭も11寺院に達しましたそうです。
現存する鐘楼門(しょうろうもん)や本堂の様子などより、「宋風」という当時の中国の様式らしいです。

 それでは画像をご覧ください。


池

階段

山門

境内の梅

御朱印受付所
【観音様】
観音様jpg
【布袋さん】
ほていさん

動画は下の青い文字をクリックして下さい。
早春の浄智寺散策

(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)











2022-01-28

鎌倉案内版(Kamakura)

【鎌倉の正月風景】
2022年の鎌倉の正月の初詣の風景です。

 1月の中の初詣と人々の流れを見てみました。
 後半はオミクロンが猛威を振るい感染者が激増する残念な結果となりました。
 その為参拝者の数は少なかったです。
 動画では1月1日の夜6時過ぎの動画ですが、屋台は沢山出てましたが、人出は少なかったです。
 画像は1月2日からのランダムな画像です。

 画像
 八幡宮の境内(1月2日)
八幡宮の境内 20220102

旗上弁財天
旗上弁財天 10100102

旗上弁財天 2

本覚寺境内
本覚寺入口

本覚寺本殿

本覚寺本殿 2

八幡宮のどんど焼きの準備 1月14日
八幡宮のどんど焼き

 新型コロナからオミクロンへのウイルスの変身に人間は翻弄されてます。
 この記事を編集してる時も東京の感染者数は16538人で、神奈川県は5959人でした。
 鎌倉も新規感染者は72人となりまだまだピークの手前です。
 皆マスクや手洗いやうがい等頑張ってますが下り坂にはなりませんね
 2月に入り豆まきが始まるとウイルスの鬼を追い出せるかと願ってます。

 それでは八幡様の元旦の屋台の動画をYouTubeで御覧下さい。
 下の青い文字をクリックするとYouTubeの動画にリンクされます。
1月1日の八幡宮の屋台です

最後まで御覧頂きありがとうございました。
春が来て豆まきで鬼退治をしましょう!
今後も鎌倉案内版のブログを宜しくお願い致します。




 

theme : 日本文化
genre : 学問・文化・芸術

tag : 祈り鎌倉の散歩道鎌倉の神社厄除け新型コロナウイルス

プロフィール

クーちゃん

Author:クーちゃん
退職後の空き時間を利用して、鎌倉の路地を歩いて面白い情報を写真で発信しますので宜しくお願い致します。
寝てるのがクーちゃんです
となりのミルクホールから転居してきました。
別に酔っぱらってるわけではなく、お酒は飼い主(ヒロシ)
が飲んでるんですが、酒のつまみと言って尻尾であそぶのが
うざいです。
(追伸)
クーちゃんは2019年5月25日に旅立ちました(多分天国)
しかしこのプロフィールは残しますのでご容赦ください>

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR