FC2ブログ
2018-09-12

鎌倉案内版(Kamakura)

鎌倉 永福寺跡 2018/9/12

鎌倉の永福寺(ようふくじ)跡を見て来ました。
 永福寺はご存知ではない方が多いと思いますので簡単に説明いたします。
 鎌倉駅の東口から京急バスで鎌倉宮行きのバスに乗って終点で降ります。
 鎌倉宮を右折して道なりに行くと左に入口の看板があります。
 【永福寺とは】
 源頼朝により建久3年(1192年)、奥州合戦で亡くなった弟・義経や藤原泰衡ら数万の霊を供養するために建てられた大寺院。応永12年(1405年)の火事で焼失したといわれ、現在は廃寺。発掘調査により本堂、阿弥陀堂、薬師堂の三堂が横に並び、その前面には広い池が作られ、中の島や釣殿がある浄土式庭園を持つ壮大な寺院の遺構が確認されている。現在は、鎌倉時代を代表する遺跡として国の史跡に指定され、史跡を生かした公園として親しまれている。
注)鎌倉のHPより引用
 鎌倉歴史文化交流館では15日から当時の寺院の姿をバーチャルリアリティーで体験できます。
 今回は常設ですので、是非体験してみてください。


それでは写真を御覧下さい。
永福寺石碑
説明看板
園内案内図
全体図
園内の池
園内はベンチが有り、お弁当を食べながら室町時代に浸って下さい。
YouTubeはこのURLをクリックしてください


https://youtu.be/EJUsvjYEl0c
2018-07-19

鎌倉案内版(Kamakura)

鎌倉歴史文化交流館 2018/7/19

連日の猛暑の中、久しぶりに「鎌倉歴史文化交流館」にいきました。
イベントは【発掘!鎌倉探偵団 2018 日本のやきもの編】でした。
館内は静かで涼しく人もあまり居なくて別世界のようでした。
高齢者(私も)の人たちは家の中で暑いとぼやいてますが、こういう場所でゆっくりすればと思います。

【鎌倉歴史文化交流館とは】
子どもから大人までが、鎌倉の歴史的遺産・文化的遺産を学び、体験し、交流できる場として、平成29年5月15日、鎌倉歴史文化交流館が開館しました。著名な建築家ノーマン・フォスター氏が代表を務めるフォスター+パートナーズの設計による既存建築を活用しながら、鎌倉の歴史・文化を通史的に紹介し、あわせて鎌倉で発掘された出土品などを公開しています。多くの方のご来館を心よりお待ちしております。
 鎌倉歴史文化交流館のホームページより引用

【場所】
鎌倉のJRの西口から歩いて12分ぐらいです。

それでは画像をご覧下さい。
ごあいさつ
中庭の緑陰
緑の木々とトンネル
本館の常設の鎧
本館の常設の日本刀
「やきものの展示」
展示品_1
展示品_2
展示品_3
展示品_4
展示品_5
展示品_8
展示品_9
2018-05-17

鎌倉案内版(Kmakura)

鎌倉文学館のバラまつり 2018//15
(これはアフィリエイトの広告です)
This is an affiliate advertisement.
(詳細はこのバナーをクリックしてください。)




5月15日は2日前の雨が嘘のように晴天になりました。
 鎌倉の文学館では沢山のバラが咲き誇ってます。
 行かれる方は庭園のバラを堪能できます。
 鎌倉駅の東口を出てすぐに1番のバス停から藤沢行のバスで海岸通り前下車です。
 概要
日  程 2018年5月11日(金)~6月10日(日)
会  場:神奈川県鎌倉市長谷1-5-3
開催時間:9:00~17:00(受付は16:30まで)
休館日 :期間中は休館日ありません。
入館料 :一般400円、小中学生200円、幼児無料
お問合わせ:0467-23-3911
 (文学館のHPより)
【文学館】
神奈川県鎌倉市にある鎌倉文学館の建物は、元々は旧前田侯爵家の別邸として建てられましたが、鎌倉市が譲り受け現在は資料館として一般公開されています。
文学館
【庭園について】
庭園の南側には600平米のバラ園があります。この広いバラ園には、200種245株のバラが植えられています。

それではバラの写真をご覧下さい
バラ_1

バラ_2

バラのアーチ

庭

バラの垣根
案内ポスター
ポスター
【文学館へ行くトンネル】
文学館へのトンネル


2017-11-01

鎌倉案内版(Kamakura)

鎌倉の文化 2017/10/30



当日は鎌倉歴史文化交流館での企画「甦る永福寺」の展示を見に行きました。
「鎌倉歴史文化交流館」については以前紹介しましたが、簡単に紹介します。
アクセス:鎌倉駅西口に出て、ロータリーをまっすぐ進み紀伊国屋の交差点を右折して100メートルぐらいで左折すると行けます。
現在は永福寺跡は公園として整備中ですが、交流館ではCGによる復元の画像が公開されてます。
VR永福寺の特別体験を行っていますの電話でお問い合わせ下さい。
 電話 0467-73-8501
【永福寺(ようふくじ)】の紹介
永福寺は源頼朝により建久3年(1192年)、奥州合戦で亡くなった弟・義経や藤原泰衡ら数万の霊を供養するために建てられた大寺院。応永12年(1405年)の火事で焼失したといわれ、現在は廃寺。発掘調査により本堂、阿弥陀堂、薬師堂の三堂が横に並び、その前面には広い池が作られ、中の島や釣殿がある浄土式庭園を持つ壮大な寺院の遺構が確認されている。現在は、鎌倉時代を代表する遺跡として国の史跡に指定され、史跡を生かした公園として整備工事が進められている。 
 かまくら観光より参照しました。

(館内の展示物)
永福寺のポスター
永福寺の鬼瓦
瓦
壺_1
壺_3
壺_4
2017-10-14

鎌倉案内版(Kamakura)

鎌倉の文化 2017/10/13

(これはアフィリエイトの広告です)
This is an affiliate advertisement.
(詳細はこのバナーをクリックしてください。)




当日は生憎の雨模様でしたが、頂いたチケットで「鎌倉銭湯寄席」を鑑賞に行きました。
場所は大船にある「鎌倉芸術館小ホール」でした。
ここは私がミュージシャンの時に映画のダビングで「寅さんシリーズ」の音楽を録音したところで、懐かしい思いがしました。
山本直純さんも元気な時でしたので楽しく仕事をさせて頂きました。

 今回は第14回目でした。
 出演者
 春風亭 昇太師匠
 桂 歌助師匠
 前座 春風亭 昇市さん
 大神楽は鏡味正二郎さん

 落語は皆さまお馴染みですので、大神楽の説明を少しだけさせていただきます。
 大神楽とは
 古くから神社を祭る式楽、舞楽より生じ、伊勢、尾張、水戸などが代表的発祥地と伝えられてます。
 戦乱が収まり徳川家康が江戸幕府を開府すると、太神楽師達は各大名について地方へ広がり、獅子舞で氏子の家々をお祓いする風習が生まれたそうです。
【当日のチラシを参照しました】
ここで鎌倉の銭湯を紹介します!
清水湯
 材木座 0467-22-4697
ひばり湯
 大船  0467-46-5324
栗田湯
 岩瀬  0467-46-4669
常楽湯 0467-46-4224
野田の湯(モノレールの富士見町駅の傍)
台    0467-43-0126
 
鎌倉の銭湯は鎌倉時代の頼朝の時代からあったそうです。
鎌倉は震災時に皆さんが風呂に入れるような銭湯を作る計画をしてるそうです。

 当日の写真を三点添付致します。

【プログラム】
プルグラム
【入口の混雑】
入場口
【館内】
館内



(これはアフィリエイトの広告です)
This is an affiliate advertisement.
Please click this banner for details.

(詳細はこのバナーをクリックしてください。)


プロフィール

クーちゃん

Author:クーちゃん
退職後の空き時間を利用して、鎌倉の路地を歩いて面白い情報を写真で発信しますので宜しくお願い致します。
寝てるのがクーちゃんです
となりのミルクホールから転居してきました。
別に酔っぱらってるわけではなく、お酒は飼い主(ヒロシ)
が飲んでるんですが、酒のつまみと言って尻尾であそぶのが
うざいです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ミニお知らせ
鎌倉の観光名所以外の路地も歩いて(鎌倉駅から歩数で紹介)紹介します。 ぼちぼちですが、暇があれば案内もできるかな。 その時はコメントに書き込んで下さいね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR