2018-07-13

鎌倉案内版(Kamakura)

鎌倉の銭洗弁天 2018/7/11

当日は蒸し暑い日でしたが、銭荒弁天への道案内の動画を作るため歩いてみました。
 鎌倉に住んでるとよく場所を聞かれるのでYouTubeで歩いての道案内でした。
 【銭洗弁財天宇賀福神社について】
 銭洗弁財天宇賀福神社は、お金を洗うと何倍にも増えて戻ってくるといわれる霊水「銭洗水」が湧く神社。銭洗水は境内の洞窟(奥宮)で湧き、ご利益にあずかろうと多くの参拝客が訪れる。 また、弁財天の縁日である巳の日は特にご利益があるとされ、一段と賑わいを見せます。
平安末期、鎌倉は災害が続き貧困にあえぐ庶民のために,源頼朝が世の救済を祈願したところである。
巳の年の文治元年(1185)の巳の月、巳の日の巳の刻、宇賀福神から「この地に湧き出す水で神仏を供養せよ、そうすれば天下泰平の世が訪れる」と源頼朝の夢にお告げがあり、そこで源頼朝はこの地に社を建てて宇賀福神を祀った。その後、世の中の混乱は収まったと伝えられている。
この話が発展していつの頃からか、その霊水でお金を洗うと倍になると言う信仰が生まれた。鎌倉五名水の一つである。洞窟の口もとに社があり、社は宇賀福神で洞窟の中の社は銭洗弁財天である。
 参照はkamakura-buraburaからです

 鎌倉のJRの西口から歩いて20分ですが、最後の坂道も厳しいのでご高齢の方はバスを利用されるといいと思います。
 路線バスの場合は「源氏山入口」バス停から徒歩9分。

画像をどうぞ
入口
おみくじコーナー
境内の池
坂道の案内
銭洗い場面
【動画】
[広告] VPS
2018-03-12

鎌倉案内版(Kamakura)




鎌倉大仏の東日本大震災復興祈願祭 2018/3/11
当日は午後2時過ぎに追悼・復興祈願祭が行われました。
 鎌倉宗教者会議では、鎌倉の神道、仏教、キリストきょうが合同祈願を執り行われました。
 違う宗教が一同に会してお祈りを捧げるというのは世界では珍しいと思います。
 世界では一つの神だけに祈りを捧げる国が殆どで、その結果として違う宗教での衝突で多くの人命が失われてます。
 平和国家としての日本は多種の宗教が争うことなく存続しているのは嬉しいですね。
 さて、ここで高徳院の大仏様について簡単なご案内をさせて頂きます。

鎌倉大仏
「露坐の大仏」として名高い高徳院の本尊、国宝銅造阿弥陀如来坐像。像高約11.3m、重量約121t を測るこの仏像は、ほぼ造立当初の像容を保ち、我が国の仏教芸術史上ひときわ重要な価値を有しています。北条得宗家の正史『吾妻鏡』によれば、その造立が開始されたのはHP1252( 建長四) 年。制作には僧浄光が勧進した浄財が当てられたとも伝えられています。
*高徳院のHPより引用させていただきました。

【境内の祈願祭の画像】
祈願祭_1
祈願祭_2jpg
【境内の様子】
看板
境内
【山門と仁王様】
山門入口
仁王高徳院の
訪問頂きありがとうございました。
 尚後程YouTubeの動画をアップロードさせて頂きますので宜しくお願いいたします。
 動画は 大川洋 Youtube https://youtu.be/pgNjIzwRyzw
 大仏様がゴスペルソングをお聞きになってるところですので、お楽しみ下さい。

2018-03-11

鎌倉案内版(Kamakura)




鎌倉 浄光明寺の万灯会 2018/3/10
浄光明寺での万灯会の様子を紹介します。
浄光明寺とは、鎌倉でも少ない真言宗の寺院で泉湧寺派に属しています。
1251年(建長3年)鎌倉幕府六代執権の北条長時が開基となり、開山は真阿(真聖国師)です。
それより以前に源頼朝が発願し、文覚上人の建てた草庵があったという説もあります。
 境内は、仏殿、観音堂、客殿、不動堂と別れてます。
 当日の読経はそれぞれの場所で各宗派に分かれて読経が行われます。
 御朱印は、 十三仏第9番の朱印です。
 夜6時から万灯会が始まりましたが、かなり寒い夜でした。
 それでは画像をご覧下さい。

【山門の前の寺案内】
案内板
【万灯会の案内】
お知らせ
【受付(ここで500円を払い万灯を受け取り願いを書きます】
受け付け
【万灯_1】
万灯_1
【万灯_2】
万灯_2
【客殿】
客殿
最後までご覧いただきありがとうございました。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
2018-01-05

鎌倉案内版(Kamakura)

鎌倉の初詣 2018/1/1

(これはアフィリエイトの広告です)
This is an affiliate advertisement.
(詳細はこのバナーをクリックしてください。)



明けましておめでとうございます。
 今年もこのブログを宜しくお願い致します。
 鎌倉の本覚寺に初詣に行きました。

鎌倉の本覚寺の案内
 本覚寺は小町にある日蓮宗のお寺です。地元の方からは「にっちょうさま」と呼ばれ親しまれています。
 本覚寺の正月は、1月1日から3日までは「初えびす」。
 1月10日が「本えびす」。
 福娘さんたちが、お神酒や甘酒を振る舞ってくれます。
 福笹やお守りも授けてくれます。

 境内の様子を写真でご覧下さい。/span>
本覚寺入口

参道

本殿初詣

おみくじ売り

福娘_2
【おまけのスーパームーン】
スーパームーン
(これはアフィリエイトの広告です)
This is an affiliate advertisement.
(詳細はこのバナーをクリックしてください。)





2017-12-01

鎌倉案内版(Kamakura)

鎌倉の寺 2017/11/30



(これはアフィリエイトの広告です)
This is an affiliate advertisement.
(詳細はこのバナーをクリックしてください。)

当日は曇天で肌寒い空気でしたが、円覚寺に紅葉を見に行きました。
 円覚寺は北鎌倉駅から鎌倉方面に歩くと直ぐにあります。
 【名前の由来】
円覚寺の寺名の由来は、建立の際、大乗経典の「円覚経えんがくきょう」が出土したことからといわれます。また山号である「瑞鹿山ずいろくさん(めでたい鹿のおやま)」は、仏殿開堂落慶の折、開山・無学祖元禅師の法話を聞こうとして白鹿が集まったという逸話からつけられたといわれます。無学祖元禅師の法灯は高峰顕日こうほうけんにち禅師、夢窓疎石むそうそせき禅師と受け継がれ、その法脈は室町時代に日本の禅の中心的存在となり、 五山文学や室町文化に大きな影響を与えました。
 円覚寺のHPより引用させて頂きました。
【境内の案内図】
円覚寺の案内図
【境内の紅葉をご鑑賞下さい。】
円覚寺から線路側を観る
円覚寺入口
境内の紅葉_1
境内の紅葉_2
境内の紅葉_3
方丈の池の紅葉
線路から円覚寺の紅葉を観る
【受付の猫】
受付の猫
 鑑賞ありがとうございました。
【おまけの動画】
[広告] VPS




 
プロフィール

クーちゃん

Author:クーちゃん
退職後の空き時間を利用して、鎌倉の路地を歩いて面白い情報を写真で発信しますので宜しくお願い致します。
寝てるのがクーちゃんです
となりのミルクホールから転居してきました。
別に酔っぱらってるわけではなく、お酒は飼い主(ヒロシ)
が飲んでるんですが、酒のつまみと言って尻尾であそぶのが
うざいです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ミニお知らせ
鎌倉の観光名所以外の路地も歩いて(鎌倉駅から歩数で紹介)紹介します。 ぼちぼちですが、暇があれば案内もできるかな。 その時はコメントに書き込んで下さいね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR