FC2ブログ
2021-03-04

鎌倉案内版(Kamakura)

【鎌倉浄智寺散策】 2021.3.4
当日は鎌倉の浄智寺に春を訪ねて参拝しました。
 鎌倉の小町から山之内をぶらぶら歩いて4000歩位で行けます。
 途中のお洒落なお店も素敵でした。

 薄曇りの中で梅の香が漂い心洗われるようでした。

浄智寺についてホームページを参照して紹介します。
 浄智寺は、鎌倉幕府第5代執権北条時頼の三男である北条宗政が亡くなった折、その菩提を弔うために1281年頃に創建されました。
現存する鐘楼門(しょうろうもん)や本堂の様子などより、「宋風」という当時の中国の様式をうかがうことが出来ます。

本尊の木造三世仏座像は神奈川県の重要文化財に指定されています。また「木造地蔵坐像」(国指定重要文化財)や「木造韋駄天立像」(市指定重要文化財)は鎌倉国宝館におさめられています。

毎年鎌倉七福神巡りで御朱印を頂きに行きますが、今年はコロナの影響で参拝できまませんでした。
当日は御朱印帳に記帳していただきました。

それでは境内の画像をご覧下さい。
【山門】
山門
【茶室の裏庭】
茶室

雲華殿

梅

梅2
【ZEN映画祭の招待】
ZEN映画祭
【布袋尊】
布袋尊

コロナの早い収束をお願いしました。


(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)



theme : 神社
genre : 学問・文化・芸術

2021-02-08

鎌倉案内版(Kamakura)

【円覚寺参拝 201/02/08】
2月8日は円覚寺に参拝しました。
 当日は薄曇りで春は確実に近づいてるような微風でした。

 円覚寺は恵比須様のお寺で毎年ここから七福神の出発にしてましたが、今年はコロナの影響もあり、正月の賑やかな様子が一変して寂しいお正月でしたが、我慢してコロナを乗り切りましょう!

円覚寺については鎌倉市の記事を参照致します。
一乗日出(いちじょうにっしゅつ)を開山として1436年(永享8)に創建されました。足利持氏(もちうじ)が鎌倉の夷堂(えびすどう)があった場所に寺を建てて日出(にっしゅつ)に寄進(きしん)したそうです。

二代目住職が日朝上人(にっちょうしょうにん)であったことから、「日朝さま」という名で親しまれています。「日朝さま」は、眼を治す寺としてしられています。

山門(仁王門)を入ると、右手に夷堂(えびすどう)があります。この夷堂は、鎌倉幕府の裏鬼門(きもん)という悪い方角に当たるということで、幕府の守り神として源頼朝が七福神のひとつである夷神をまつったところです。

境内の写真をご覧ください。
本堂
本堂

夷堂
お堂
人形供養
人形供養
お地蔵様
お地蔵様
山門の仁王様 左右
仁王様右
仁王様左
案内板
看板

 コロナが一日も早く終息することを願いました。
 皆様も辛いでしょうがもうひと頑張りですよ。
 あのスペイン風邪も退治したので大丈夫です。
 谷底から頂上へ向かって頑張りましょうね。


JRの鎌倉駅の東口より徒歩5分
小町1-12-12
0467-22-1490


This is a guide to Hongakuji Temple in Kamakura.
It is the closest temple that can be reached in 5 minutes on foot from the east exit of JR Kamakura Station.

There is also Myohonji Temple in the back.
Plum blossoms are beautiful in spring!

Please visit us when you come to Kamakura!

theme : 新型コロナウイルス
genre : ブログ

tag : 美容健康

2020-10-02

鎌倉案内版(Kamakura)

【鎌倉のお寺 宝戒寺 ハギの花 2020.10.02】
秋の花の代表では萩の花が有名です。
本日は萩寺という名前のある鎌倉の宝戒寺に行きました。

秋のお彼岸になると境内中が白萩に埋め尽くされ、萩寺という名でも親しまれています。 

宝戒寺について(宝戒寺のホームページから参照させていただきました)
宝戒寺は1333年の北条氏滅亡後その霊を弔うため、後醍醐(ごだいご)天皇の命をうけた足利尊氏公によって、当時小町邸と呼ばれ北条氏歴代執権屋敷跡であるこの地に建立されました。
また、戒壇院が置かれ国宝的人材を養成する道場として位置付けられていました。
ご本尊様は子育て経読み延命地蔵様で鎌倉二十四地蔵尊の第一番とされています。また、鎌倉三十三観音第二番である仏母准胝観音(じゅんていかんのん)様、鎌倉・江ノ島七福神の毘沙門天(びしゃもんてん)様など多くの仏様がいらっしゃいます。

萩寺の様子
秋のお彼岸になると境内中が白萩に埋め尽くされ、萩寺という名でも親しまれています

今回は白い萩の花を中心に境内の画像を送ります。

【画像】
本殿

hana3.jpg

hana4.jpg

hana5.jpg

hana6.jpg

hana7.jpg

(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)






2019-11-03

鎌倉案内版(Kamakura)

【建長寺の建長まつり】 2019.11.03
本日11月3日は建長寺で建長まつりに行きました。
この日は薄曇りでしたが、気持ちのいい一日でした。

境内の大テントではけんちん汁はじめたくさんの
屋台で賑わっていました。
災害復興支援屋台村といいます。

三門では楼上特別拝観と和尚さんの説明がありました。

法堂ではワークショップでの念珠づくりや香り袋づくり

2階の応真閣では宝物風入展

竜王殿では法話スペシャル「禅と食」

4日の月曜日もやってますので皆さまぜひ行ってみたらいかがですか?

【画像をどうぞ】
山福巨

総門

看板

方丈入口

梵鐘

古木

唐門

草月流生け花

施茶
お抹茶
けんちんうどん
【動画は下記のYouTybeからどうぞ】
YouTube

続きを読む

theme : 神社
genre : 学問・文化・芸術

2019-10-05

鎌倉案内版

【英勝寺の彼岸花 2019年10月4日】
本日は薄曇りの秋の空気の中で英勝寺へ行きました。

本命は彼岸花の鑑賞でしたがタイミングは少し遅かったかな?

しかし、まだまだ見どころ満載で画像を中心にご覧下さい。
彼岸花に関しては記事の下のYouTubeで御覧頂けます。


【英勝寺について】
英勝寺(えいしょうじ)は、神奈川県鎌倉市扇ガ谷にある浄土宗の寺院であり、現在、鎌倉唯一の尼寺である。山号は東光山。寺域は、開基英勝院尼の祖先であり、扇谷上杉家の家宰であった太田道灌邸跡地とされる。
東国花の寺百ヶ寺鎌倉6番札所。
(引用はウィキペディアです)
【案内地図】
地図
JRの鎌倉駅の西口からまっすぐ歩き、紀伊国屋の交差点を右折してブラブラ歩いて15分ぐらいです。
【宝物】
建造物、仏像彫刻、石塔、石仏、絵画、書跡、工芸、典籍など300点があります。
【仏殿】
間口、奥行は3間、屋根は寄棟、裳階(もこし)付きの建物です。 山門は反りがありません。
「英勝寺の画像です」
『正門』
正門
『入口』
入口
『案内板』
案内版

『境内のお地蔵様』
お地蔵様
『水鉢』 きれいな水草は曼殊沙華と好対照の美しさですね!
mizukusa.jpg
【境内の竹林】
竹林


【帰り道の風景です】
ハチミツ屋

shop_1.jpg

shop_2.jpg


【隣の寿福寺の倒木】
寿福寺の倒木

今回の画像には彼岸花がありませんが下記のURLからYouTUbeの画像で御覧ください。
YouTubeの動画です

ご視聴いただきありがとうございました。

(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)









プロフィール

クーちゃん

Author:クーちゃん
退職後の空き時間を利用して、鎌倉の路地を歩いて面白い情報を写真で発信しますので宜しくお願い致します。
寝てるのがクーちゃんです
となりのミルクホールから転居してきました。
別に酔っぱらってるわけではなく、お酒は飼い主(ヒロシ)
が飲んでるんですが、酒のつまみと言って尻尾であそぶのが
うざいです。
(追伸)
クーちゃんは2019年5月25日に旅立ちました(多分天国)
しかしこのプロフィールは残しますのでご容赦ください>

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR