FC2ブログ
2022-02-25

鎌倉案内版(Kamakura)

【鎌倉の浄智寺の散策】
2月23日は天皇誕生日です。
 好天ですが風は冷たく春はまだまだ先かなと思いました。
 そんな気持ちで小町から北鎌倉へプラプラと歩いて浄智寺に参拝しに行きました。
 北鎌倉駅からは鎌倉に向かって歩き右側にあり、東慶寺の傍です。
 その横から山伝いに歩いたら大仏様へ行くことができます。

 このお寺は鄙びたお寺で商業主義とは一線を画すお寺です。
 梅の開花はまだですが小さなつぼみが春遠からじと言ってます。
 そこで画像と動画を撮ってきましたので御覧下さい!

 浄智寺の由来や紹介はホームページを参照させて頂きました。

 浄智寺とは
浄智寺は、鎌倉幕府第5代執権北条時頼の三男である北条宗政が亡くなった折、その菩提を弔うために1281年頃に創建されました。
、最盛期には七堂伽藍を備え、塔頭も11寺院に達しましたそうです。
現存する鐘楼門(しょうろうもん)や本堂の様子などより、「宋風」という当時の中国の様式らしいです。

 それでは画像をご覧ください。


池

階段

山門

境内の梅

御朱印受付所
【観音様】
観音様jpg
【布袋さん】
ほていさん

動画は下の青い文字をクリックして下さい。
早春の浄智寺散策







2021-07-04

鎌倉案内版(Kamakura)

【鶴岡八幡宮の大祓式 2021.6.30】
当日は小雨の中で鎌倉八幡宮の舞殿で大祓式が斎行されました。

大祓式は疫病災変などに際して行われたこともあり、自身でお祓いをする為に、自祓所を設置してありります。
 そこには茅の輪がありそれをくぐって身を清めることができます。
 池には蓮の花が開花して初夏を彩る風景になってます。
 それでは画像を御覧下さい。
看板

境内1

境内3

境内4

茅の輪

蓮の花]

YouTubeでの動画は下の青い文字をクリックして下さい。
大祓式の動画はこちらから

コロナの早い終息を祈念してまいりました。
皆様が健康で平和な日々を過ごされることを心よりお祈りします。


(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)






theme : 神社
genre : 学問・文化・芸術

2021-03-04

鎌倉案内版(Kamakura)

【鎌倉浄智寺散策】 2021.3.4
当日は鎌倉の浄智寺に春を訪ねて参拝しました。
 鎌倉の小町から山之内をぶらぶら歩いて4000歩位で行けます。
 途中のお洒落なお店も素敵でした。

 薄曇りの中で梅の香が漂い心洗われるようでした。

浄智寺についてホームページを参照して紹介します。
 浄智寺は、鎌倉幕府第5代執権北条時頼の三男である北条宗政が亡くなった折、その菩提を弔うために1281年頃に創建されました。
現存する鐘楼門(しょうろうもん)や本堂の様子などより、「宋風」という当時の中国の様式をうかがうことが出来ます。

本尊の木造三世仏座像は神奈川県の重要文化財に指定されています。また「木造地蔵坐像」(国指定重要文化財)や「木造韋駄天立像」(市指定重要文化財)は鎌倉国宝館におさめられています。

毎年鎌倉七福神巡りで御朱印を頂きに行きますが、今年はコロナの影響で参拝できまませんでした。
当日は御朱印帳に記帳していただきました。

それでは境内の画像をご覧下さい。
【山門】
山門
【茶室の裏庭】
茶室

雲華殿

梅

梅2
【ZEN映画祭の招待】
ZEN映画祭
【布袋尊】
布袋尊

コロナの早い収束をお願いしました。


(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)



theme : 神社
genre : 学問・文化・芸術

2021-02-08

鎌倉案内版(Kamakura)

【円覚寺参拝 201/02/08】
2月8日は円覚寺に参拝しました。
 当日は薄曇りで春は確実に近づいてるような微風でした。

 円覚寺は恵比須様のお寺で毎年ここから七福神の出発にしてましたが、今年はコロナの影響もあり、正月の賑やかな様子が一変して寂しいお正月でしたが、我慢してコロナを乗り切りましょう!

円覚寺については鎌倉市の記事を参照致します。
一乗日出(いちじょうにっしゅつ)を開山として1436年(永享8)に創建されました。足利持氏(もちうじ)が鎌倉の夷堂(えびすどう)があった場所に寺を建てて日出(にっしゅつ)に寄進(きしん)したそうです。

二代目住職が日朝上人(にっちょうしょうにん)であったことから、「日朝さま」という名で親しまれています。「日朝さま」は、眼を治す寺としてしられています。

山門(仁王門)を入ると、右手に夷堂(えびすどう)があります。この夷堂は、鎌倉幕府の裏鬼門(きもん)という悪い方角に当たるということで、幕府の守り神として源頼朝が七福神のひとつである夷神をまつったところです。

境内の写真をご覧ください。
本堂
本堂

夷堂
お堂
人形供養
人形供養
お地蔵様
お地蔵様
山門の仁王様 左右
仁王様右
仁王様左
案内板
看板

 コロナが一日も早く終息することを願いました。
 皆様も辛いでしょうがもうひと頑張りですよ。
 あのスペイン風邪も退治したので大丈夫です。
 谷底から頂上へ向かって頑張りましょうね。


JRの鎌倉駅の東口より徒歩5分
小町1-12-12
0467-22-1490


This is a guide to Hongakuji Temple in Kamakura.
It is the closest temple that can be reached in 5 minutes on foot from the east exit of JR Kamakura Station.

There is also Myohonji Temple in the back.
Plum blossoms are beautiful in spring!

Please visit us when you come to Kamakura!

theme : 新型コロナウイルス
genre : ブログ

tag : 美容健康

2020-10-02

鎌倉案内版(Kamakura)

【鎌倉のお寺 宝戒寺 ハギの花 2020.10.02】
秋の花の代表では萩の花が有名です。
本日は萩寺という名前のある鎌倉の宝戒寺に行きました。

秋のお彼岸になると境内中が白萩に埋め尽くされ、萩寺という名でも親しまれています。 

宝戒寺について(宝戒寺のホームページから参照させていただきました)
宝戒寺は1333年の北条氏滅亡後その霊を弔うため、後醍醐(ごだいご)天皇の命をうけた足利尊氏公によって、当時小町邸と呼ばれ北条氏歴代執権屋敷跡であるこの地に建立されました。
また、戒壇院が置かれ国宝的人材を養成する道場として位置付けられていました。
ご本尊様は子育て経読み延命地蔵様で鎌倉二十四地蔵尊の第一番とされています。また、鎌倉三十三観音第二番である仏母准胝観音(じゅんていかんのん)様、鎌倉・江ノ島七福神の毘沙門天(びしゃもんてん)様など多くの仏様がいらっしゃいます。

萩寺の様子
秋のお彼岸になると境内中が白萩に埋め尽くされ、萩寺という名でも親しまれています

今回は白い萩の花を中心に境内の画像を送ります。

【画像】
本殿

hana3.jpg

hana4.jpg

hana5.jpg

hana6.jpg

hana7.jpg

(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)






プロフィール

クーちゃん

Author:クーちゃん
退職後の空き時間を利用して、鎌倉の路地を歩いて面白い情報を写真で発信しますので宜しくお願い致します。
寝てるのがクーちゃんです
となりのミルクホールから転居してきました。
別に酔っぱらってるわけではなく、お酒は飼い主(ヒロシ)
が飲んでるんですが、酒のつまみと言って尻尾であそぶのが
うざいです。
(追伸)
クーちゃんは2019年5月25日に旅立ちました(多分天国)
しかしこのプロフィールは残しますのでご容赦ください>

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR