FC2ブログ
2019-06-23

鎌倉案内版(Kamakura)

【鎌倉の妙本寺のアジサイ 2019.06.23】
当日は鎌倉の妙本寺のアジサイを見にいきました。
天気は薄曇りで梅雨時なのに雨は降らないで我慢してるようでした。

妙本寺はJRの鎌倉駅の東口からわずか8分ぐらいで行ける場所にあります。
駅から真っすぐ進み若宮通りに出て右折して郵便局の横を左折します。
直ぐに本覚寺がありますので、そこにもお参りして境内を真っすぐに進みます。
外に出てから滑川に架かる橋を通って行くとやがて妙本寺に着きます。
鎌倉の日曜日でアジサイの季節は観光客で賑わいますが、ここは静謐な空気が流れてます。
わずか8分でこういう異次元の世界に入れるのが鎌倉の特徴ですね。
先日行った明月院とは真逆で人もまばらでゆっくりとした時の流れを感じます。

ここで妙本寺の由来を紹介します。
妙本寺は、日蓮聖人を開山に仰ぐ、日蓮宗最古の寺院です。開基は、比企能員の末子で、順徳天皇に仕えた儒学者比企大学三郎能本です。(妙本寺のHPより参照)
この地は比企能員一族が住む谷戸(やと)であったところから比企が谷(ヒキガヤツ)と呼ばれてます。
山門を入ると左右に民家が並んでますが、騒々しい土産屋はありません。
あくまでも素朴な昔の風情がありとてものんびりできますよ。
鎌倉に来たら是非お参りして見て下さい。
ここを起点としてあちこちを散策するのもいいと思います。

境内は四季の花が鑑賞できますのでいつ行っても楽しめます。
6月はやはりアジサイですのでゆっくり鑑賞できます。
春は桜、海棠に続き、境内は溢れんばかりの新緑に包まれます。
新緑の中に咲くアジサイは初夏を彩る風景です.
晩秋には楓や銀杏の紅葉が彩りを添えてくれます。
冬景色は晩秋の紅葉が落ちた枝に降り積もる雪は不思議な美しさです。

〇妙本寺の概要
名称
日蓮宗 霊跡本山 比企谷 妙本寺
山号
長興山
創建年
1260年(文応元年)
住所
〒248-0007 神奈川県鎌倉市大町1-15-1
電話 TEL:0467-22-0777

〇年間行事
1月2日  
蛇苦止大明神正月大祭(年間祈祷会)
2月15日
釈尊涅槃会
3月 お彼岸中日
4月8日 花まつり
4月13日 千部会
5月1日 
蛇苦止大明神五月大祭
8月7日 
盂蘭盆大施餓鬼会
9月1日 
蛇苦止大明神九月大祭
9月12日 
龍口法難会特別開帳
9月13日
御会式
彼岸中日
秋季彼岸会中日法要
12月31日 除夜の鐘

それでは境内の写真をご覧下さい(動画はYouTubeへリンク致します)
【山門】
山門
【方丈】
方丈
【祖師堂】
祖師堂
【案内図】
案内図
【アジサイ】
アジサイ_!
アジサイ_2
アジサイ_3
アジサイ_4
帰りに本覚寺の境内も撮影しましたのでどうぞ
本覚寺のアジサイ_1
本覚寺アジサイ_2
【本覚寺のしあわせ地蔵さん】
しあわせ地蔵

YouTubeへはこちらからどうぞ
YouTube

(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)



2019-06-19

鎌倉案内版(Kamakura)

【明月院のアジサイ 2019.6.19】
本日は梅雨の一休みの晴天で夏がきたような天候でした。
昨日は新潟の地震で大変でしたがどうやら大津波が回避できてよかったです。
明月院はJRの北鎌倉駅から行けますが、本日はJRの鎌倉駅の東口から江ノ電バスで行きました。
駅のロータリーを左に行って江ノ電バスの2番線からのります。
【バス停】
バス停
 行先は大船行きや本郷台や上大岡行に乗り、明月院前で降ります。
鎌倉方面に戻り踏切を越えて左折して道なりに5分歩くと目的地です。
細い道にはアジサイは勿論お洒落な店が立ち並んでいますので、お帰りのコースの入れてみたらいかがですか?
当日は水曜日で比較的人観光客が少ないと思っていきましたが、間違いで凄い人出でした。
外国の方々や日本人の観光客でごった返して撮影はかなり難しかったです。
入院料(?)いや入園料にしますが、一般は500円で比較的高い方です。
福祉手帳では無料になるところが多いですが、しっかり取られまた(笑)。

さて、ここで明月院についてご紹介させて頂きます。
明月院は、臨済宗建長寺派に属する寺。首藤刑部太夫・山ノ内経俊が永暦元年に
平治の乱で、戦死した父・首藤刑部大輔・俊道の菩提供養として、
明月院の前身の明月庵を創建したそうです。
ここはアジサイが綺麗でアジサイ寺と呼ばれて季節には沢山の観光客が訪問します。
本堂の丸窓から外を眺めると絵画を見ているような風景が展開します。
中に入るのに長蛇の列でしたので私は地元ですので遠慮しました。
秋はきれいな紅葉が展開してますので秋にしたいと思います。
混雑を避けるなら是非ここで紅葉を楽しんで下さい。

 【庭園】について
方丈内の円窓は、悟りや真理、大宇宙などを円形で象徴的に表現したもので、「悟りの窓」と呼ばれています。
手前に枯山水庭園、奥に後庭園と二つの庭園を持ち、後庭園は通常非公開で円窓からしか見ることができないが、
3000本のハナショウブと紅葉の季節に特別公開されるのでお出かけ下さい。

 【花ごよみ】
〇秋の花
キンモクセイ・ハギ・ススキ・ノコンギク・ヒガンバナ・ホトトギス・シュウメイギク・サザンカ
〇冬の花
モミジ・ロウバイ・スイセン・マンサク・ツバキ・ウメ・クリスマスローズ・カンツバキ
〇春の花
バイモ・レンギョウ・ヒュウガミズキ・ショカッサイ・ボケ・モモ・白モクレン・紫モクレン・ヒイラギナンテン・ヤマツツジ・ユキヤナギ
カイドウ・シダレザクラ・シャガ・クロバナロウバイ・オオデマリ・ヒラドツツジ・サツキ・ホウ・ヤマブキナツロウバイ・シャクナゲ
〇夏の花
アジサイ・ハナショウブ・ナツツバキ・イワタバコ・サルスベリ・ヤマユリ・ネム・ノウゼンカズラ・フヨウ・タマアジサイ
画像をご覧下さい。
【案内版】
案内版
【花想い地蔵】 アジサイを持ってますね!
花想い地蔵
【枯山水のお庭】
枯山水庭園
【アジサイいろいろ】
アジサイ_1

アジサイ_2

アジサイ_3

アジサイ_4

アジサイ_5

皆様アジサイはまだまだ綺麗ですよ!! お待ちしてますね!

(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)





POLAのアフィリエイトサイト
2019-06-03

鎌倉案内版(Kamakura)

【鎌倉の葛原岡神社のお神輿 2019.6.2】
鎌倉の葛原岡神社の例大祭でのお神輿の様子です。
 毎年6月1日より3日までの例大祭催しで梅雨前ですが、夏の足音の先取です!
 由比ガ浜通りでお神輿が練り歩くのを観に行きました!

 葛原岡神社の由来等は後でリンクを張らせていただきますのでそちらから御覧下さい。
 葛原岡神社は銭洗い弁天の先にあり、源氏山公園の奥にあり、歩くのはなかなかしんどいです。

 源氏山公園は桜の季節は家族連れがお弁当を広げて桜を鑑賞してます。
 
 【葛原岡神社】 葛原岡神社のHPより引用させていただきました。

 葛原岡神社(くずはらおかじんじゃ)は後醍醐(ごだいご)天皇の忠臣として鎌倉幕府倒幕に活躍した日野俊基(ひのとしもと)卿をお祀りする神社です。
俊基卿は幼い頃から学問の道に優れ、大変有能な人物であったので、後醍醐天皇より見出されて、優秀な側近として活躍されました。

当時、鎌倉幕府は悪政を続けており、後醍醐天皇は政治を正しい姿へと導くため、幕府を打倒する決意を固められ、計画を練られました。
俊基卿も、後醍醐天皇の最も信頼の厚い側近のひとりとして計画に加わり、重要な役割を果たしておりました。

*詳細は葛原岡神社へリンクさせて頂きました。
 
kuzuharagaoka

【由比ガ浜のお神輿の画像をどうぞ】
お稚児さん

宮司様

神輿_1

神輿_2

神輿_3

巫女さんと勢子

動画は私のYouTubeから御覧下さい。
青い文字をクリックしたらYouTubeへ飛びます!
YouTube



プロフィール

クーちゃん

Author:クーちゃん
退職後の空き時間を利用して、鎌倉の路地を歩いて面白い情報を写真で発信しますので宜しくお願い致します。
寝てるのがクーちゃんです
となりのミルクホールから転居してきました。
別に酔っぱらってるわけではなく、お酒は飼い主(ヒロシ)
が飲んでるんですが、酒のつまみと言って尻尾であそぶのが
うざいです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ミニお知らせ
鎌倉の観光名所以外の路地も歩いて(鎌倉駅から歩数で紹介)紹介します。 ぼちぼちですが、暇があれば案内もできるかな。 その時はコメントに書き込んで下さいね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR