FC2ブログ
2019-10-06

鎌倉案内版

【鎌倉の旧華項邸の公開 201910.5】
旧華項宮邸の公開がありました。
建物の公開は秋に2日、春に2日と4日間しかありません。
お庭の公開は月曜と火曜日を除いて開催されてます。

まず旧華項宮邸について説明いたします。
読み方は(きゅうかちょうのみや)と読みます。
華頂宮(かちょうのみや)は、慶応4年(1868年)に伏見宮邦家親王の第12王子、博経親王によって創設された宮家だそうです。

鎌倉の旧華頂宮邸は昭和4年の春に華頂博信侯爵邸として建てられました。
そこは当初から常住の住宅として用いられていました。
その後平成8年5月に市が取得しました。

華頂宮家について
伏見宮邦家親王12男子、博経親王を始祖として伏見宮家の分家にあたります。
は明治元年勅命により復飾(俗世間に戻る)して、知恩院の山号「華頂山」にちなんで
華頂宮の称を賜ったそうです。

それでは画像と動画でご覧いただきます。
【南側からの屋敷】
庭からの屋敷
【北側からの屋敷】
屋敷北側
【フランシス式庭園】
フランス式庭園
【庭園】
庭園前景
【邸内の生け花】
生け花
【無為庵玄関】
無為庵正面
【無為庵の庭側】
無為庵の裏
【木の門より和館を見る】
木の門から和館
【庭から本館を見てみる】
庭から屋敷

邸内の様子は私のYouYubeの画像からご覧下さい。
YouTubeでの邸内画像

いつもご視聴いただきありがとうございます。
今後とも「鎌倉案内版」を宜しくお願い申し上げます。

(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)









2019-10-05

鎌倉案内版

【英勝寺の彼岸花 2019年10月4日】
本日は薄曇りの秋の空気の中で英勝寺へ行きました。

本命は彼岸花の鑑賞でしたがタイミングは少し遅かったかな?

しかし、まだまだ見どころ満載で画像を中心にご覧下さい。
彼岸花に関しては記事の下のYouTubeで御覧頂けます。


【英勝寺について】
英勝寺(えいしょうじ)は、神奈川県鎌倉市扇ガ谷にある浄土宗の寺院であり、現在、鎌倉唯一の尼寺である。山号は東光山。寺域は、開基英勝院尼の祖先であり、扇谷上杉家の家宰であった太田道灌邸跡地とされる。
東国花の寺百ヶ寺鎌倉6番札所。
(引用はウィキペディアです)
【案内地図】
地図
JRの鎌倉駅の西口からまっすぐ歩き、紀伊国屋の交差点を右折してブラブラ歩いて15分ぐらいです。
【宝物】
建造物、仏像彫刻、石塔、石仏、絵画、書跡、工芸、典籍など300点があります。
【仏殿】
間口、奥行は3間、屋根は寄棟、裳階(もこし)付きの建物です。 山門は反りがありません。
「英勝寺の画像です」
『正門』
正門
『入口』
入口
『案内板』
案内版

『境内のお地蔵様』
お地蔵様
『水鉢』 きれいな水草は曼殊沙華と好対照の美しさですね!
mizukusa.jpg
【境内の竹林】
竹林


【帰り道の風景です】
ハチミツ屋

shop_1.jpg

shop_2.jpg


【隣の寿福寺の倒木】
寿福寺の倒木

今回の画像には彼岸花がありませんが下記のURLからYouTUbeの画像で御覧ください。
YouTubeの動画です

ご視聴いただきありがとうございました。

(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)









プロフィール

クーちゃん

Author:クーちゃん
退職後の空き時間を利用して、鎌倉の路地を歩いて面白い情報を写真で発信しますので宜しくお願い致します。
寝てるのがクーちゃんです
となりのミルクホールから転居してきました。
別に酔っぱらってるわけではなく、お酒は飼い主(ヒロシ)
が飲んでるんですが、酒のつまみと言って尻尾であそぶのが
うざいです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ミニお知らせ
鎌倉の観光名所以外の路地も歩いて(鎌倉駅から歩数で紹介)紹介します。 ぼちぼちですが、暇があれば案内もできるかな。 その時はコメントに書き込んで下さいね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR