FC2ブログ
2019-10-24

鎌倉案内版

【鎌倉歴史文化交流館】和鏡の展示 2019.10.23
当日は久しぶりの好天でした。
鎌倉の歴史文化交流館では和鏡の展示がありました。
開催は9月7日から1月11日と比較的永い開催期間です。

展示構成
1.鎌倉の和鏡
2.和鏡の出現と展開
3.デザインの多様性

和鏡(わきょう)とは何か資料を参考に説明させていただきます。
鏡は境に似てますね!
そうです!境は境界のことですよね。
横に金を入れて鏡になります。
鏡は光と影のサカイを演出して皆様の姿を映しますね。

明治時代以降は鏡はガラスが普及しましたが、以前は銅の鏡でした。
銅鏡は弥生時代に大陸から日本に伝承されたそうです。
随分古くからあったのですね!
古代の大和の人はその銅鏡に我が身を写してたんですね。
平安時代に入ると日本的な文様が生み出されます。
日本人は大陸の文化を日本独自の工夫を加えるのが得意ですね!
円形で、光を反射する鏡は、第二の太陽や神の憑代といった
一種の呪術道具として受け入れられて、死者を守る道具として墳墓に副葬されていたそうです。
鏡の後ろに一種の神秘感を感じていたのかなと思います。
「鏡よ鏡、世界で一番美しいのは・・・・」という童話もありましたね!
余談ですが池に映る月を眺めて和歌などを吟じてたのでしょうね!
いわゆる水鏡ですね!
優雅な平安の時代だったのでしょうか?
しかし、そこには血みどろな権力闘争もあったようですね。
令和の御代になり無事「即位礼正殿の儀」が無事に執り行われましたね。おめでとうございます。

それでは画像をご覧ください。
交流館入り口(HPよりお借りします)
交流館入口
【鏡の浮世絵】
ukiyoe_1.jpg
ukiyoe_2.jpg
ukiyoe_3.jpg
【和鏡】
wakyou_1.jpg
【常設展示品】
(五輪塔)
五輪塔
(刀)
刀

最後まで御覧いただきありがとうござました。
今回の台風で被災された皆様に心よりお見舞いもうしあげます。
(余談ですが、我が家の屋根も剥がれてまだ工事は未定です)


(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)








2019-10-06

鎌倉案内版

【鎌倉の旧華項邸の公開 201910.5】
旧華項宮邸の公開がありました。
建物の公開は秋に2日、春に2日と4日間しかありません。
お庭の公開は月曜と火曜日を除いて開催されてます。

まず旧華項宮邸について説明いたします。
読み方は(きゅうかちょうのみや)と読みます。
華頂宮(かちょうのみや)は、慶応4年(1868年)に伏見宮邦家親王の第12王子、博経親王によって創設された宮家だそうです。

鎌倉の旧華頂宮邸は昭和4年の春に華頂博信侯爵邸として建てられました。
そこは当初から常住の住宅として用いられていました。
その後平成8年5月に市が取得しました。

華頂宮家について
伏見宮邦家親王12男子、博経親王を始祖として伏見宮家の分家にあたります。
は明治元年勅命により復飾(俗世間に戻る)して、知恩院の山号「華頂山」にちなんで
華頂宮の称を賜ったそうです。

それでは画像と動画でご覧いただきます。
【南側からの屋敷】
庭からの屋敷
【北側からの屋敷】
屋敷北側
【フランシス式庭園】
フランス式庭園
【庭園】
庭園前景
【邸内の生け花】
生け花
【無為庵玄関】
無為庵正面
【無為庵の庭側】
無為庵の裏
【木の門より和館を見る】
木の門から和館
【庭から本館を見てみる】
庭から屋敷

邸内の様子は私のYouYubeの画像からご覧下さい。
YouTubeでの邸内画像

いつもご視聴いただきありがとうございます。
今後とも「鎌倉案内版」を宜しくお願い申し上げます。

(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)









2019-10-05

鎌倉案内版

【英勝寺の彼岸花 2019年10月4日】
本日は薄曇りの秋の空気の中で英勝寺へ行きました。

本命は彼岸花の鑑賞でしたがタイミングは少し遅かったかな?

しかし、まだまだ見どころ満載で画像を中心にご覧下さい。
彼岸花に関しては記事の下のYouTubeで御覧頂けます。


【英勝寺について】
英勝寺(えいしょうじ)は、神奈川県鎌倉市扇ガ谷にある浄土宗の寺院であり、現在、鎌倉唯一の尼寺である。山号は東光山。寺域は、開基英勝院尼の祖先であり、扇谷上杉家の家宰であった太田道灌邸跡地とされる。
東国花の寺百ヶ寺鎌倉6番札所。
(引用はウィキペディアです)
【案内地図】
地図
JRの鎌倉駅の西口からまっすぐ歩き、紀伊国屋の交差点を右折してブラブラ歩いて15分ぐらいです。
【宝物】
建造物、仏像彫刻、石塔、石仏、絵画、書跡、工芸、典籍など300点があります。
【仏殿】
間口、奥行は3間、屋根は寄棟、裳階(もこし)付きの建物です。 山門は反りがありません。
「英勝寺の画像です」
『正門』
正門
『入口』
入口
『案内板』
案内版

『境内のお地蔵様』
お地蔵様
『水鉢』 きれいな水草は曼殊沙華と好対照の美しさですね!
mizukusa.jpg
【境内の竹林】
竹林


【帰り道の風景です】
ハチミツ屋

shop_1.jpg

shop_2.jpg


【隣の寿福寺の倒木】
寿福寺の倒木

今回の画像には彼岸花がありませんが下記のURLからYouTUbeの画像で御覧ください。
YouTubeの動画です

ご視聴いただきありがとうございました。

(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)









2019-09-19

鎌倉案内版(Kamakura)

八幡宮の流鏑馬神事 2019.09.16
鎌倉の鶴岡八幡宮の例大祭の最終日となりました。
 16日は生憎の小雨の中で鎌倉お囃子の笛太鼓の中で
恒例の流鏑馬神事と蛍の放生祭が無事行われました。

鶴岡八幡宮の流鏑馬神事について
文治3年(1187年)8月15日鶴岡八幡宮放生会に際して、源頼朝が流鏑馬を催行したことに始まるといわれています。鶴岡八幡宮例大祭神事流鏑馬が今年も9月16日 午後1時社務所大玄関前を出立し、下拝殿において神事が執行され、午後2時頃より馬場入りが行われます。
 【八幡様のホームページより引用させていただきました】

その中で流鏑馬の的場近くには行けませんでしたので
一部疾走する馬の動画の一部とYouYubeでの馬と騎馬武者の待機をご覧下さい。

画像
流鏑馬_1

流鏑馬_2

流鏑馬_3

流鏑馬_4

流鏑馬_5

動画

下の青い文字をクリックするとyouTubeの動画(馬と騎馬武者の待機)をご覧いただけます。

馬と騎馬武者
2019-09-17

鎌倉案内版(Kamakura)

八幡宮の例大祭 2019/09/15
9月15日は鎌倉の八幡宮で例大祭が行われました。

当日は天候に恵まれてというより残暑厳しい中で行われました。

境内では賑やかな鎌倉囃子の笛太鼓が聞こえて観光客も大勢見物してました。

神幸祭では馬に乗った神職を先頭にお稚児さんなどが行列をして
段葛を練り歩きました。
神幸祭について
大神様を神輿(みこし)にお遷しして氏子区域を親しくお渡りいただくお祭です。氏子の若者により神輿3基を御本殿から担ぎ下ろし、宮司以下神職、錦旗、神馬、ちょうちん、太鼓、盾、弓矢などからなる数百メートルの行列が若宮大路を二の鳥居まで進みます。この鳥居の下には御旅所(おたびしょ)が設けられ、緑の千早、緋袴姿の八乙女たちによる八乙女舞が行われます。

例大祭について
神社本庁より幣帛(へいはく)を奉る献幣使(けんぺいし)を迎え、宮司以下神職、巫女、八乙女(やおとめ)が奉仕し、大勢の参列者を迎えて厳かに執り行われます。神前には鈴虫も供えられます。

境内は夜になるとお神輿が出ます。
置石と大蔵のおみこしが出ますのでそれはYouTUbeでご覧くださいね。

画像を御覧ください
神幸祭_2
神幸祭_3
お稚児さん

夜の祭りではYouTubeの動画をご覧ください。
夜祭の動画

(下のバナーをクリックしたら本広告にリンクされます)




上記のバナーはスマホ専用アプリですので、本広告のQRコードをスマホで読み取っていただく必要があります。
プロフィール

クーちゃん

Author:クーちゃん
退職後の空き時間を利用して、鎌倉の路地を歩いて面白い情報を写真で発信しますので宜しくお願い致します。
寝てるのがクーちゃんです
となりのミルクホールから転居してきました。
別に酔っぱらってるわけではなく、お酒は飼い主(ヒロシ)
が飲んでるんですが、酒のつまみと言って尻尾であそぶのが
うざいです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR